企業支援、長期戦に 減収企業に予備費9150億円

2020/8/7 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は7日、新型コロナウイルスの影響で大幅減収となった中小企業などを支援する持続化給付金に9150億円を追加支出することを決めた。給付金の支給件数は合計380万件程度に上る見込みで、当初想定の130万件を大きく上回る。新型コロナによる企業への打撃が続き、長期戦を余儀なくされている。

2020年度予算の予備費のうち、新型コロナ対策として1兆1257億円を支出することを決めた。このうち8割以上を持続…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]