/

この記事は会員限定です

高校国語の科目再編 論理と文学、分断に危うさ

小倉孝誠・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]

2022年度に実施される高校国語科の科目再編を巡り、日本学術会議が改善策を提言した。分科会委員長としてとりまとめに当たった小倉孝誠・慶応義塾大学教授に寄稿してもらった。

2018年3月、文部科学省は新しい高等学校学習指導要領を告示し、翌19年2月にはその解説書が刊行された。それにともない、22年度から高校国語の科目編成が大きく変わる。具体的には、現行の必履修科目「国語総合」が「現代の国語」「言語...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン