しなの鉄道、業績悪化で車両更新計画見直しへ
コロナ禍 岐路の信越交通(5)

2020/8/7 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第三セクター、しなの鉄道(長野県上田市)が打ち出した車両更新計画が変更を余儀なくされている。2019年の台風19号や新型コロナウイルス感染拡大の影響で20年3月期の単独最終損益は15年ぶりの赤字に転落。今期も黒字化は困難との見方が強まっており、軌道修正は必至の情勢だ。

「新型車両の導入を機に、持続可能な経営基盤にしていきたい」。軽井沢駅で7月4日に開いた新型車両「SR1系」の出発式で春日良太社長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]