/

東京都千代田区長「事態改善取り組む」 議会と対立で

東京都千代田区の石川雅己区長は7日、解散を巡る区議会との対立に関し、「早急に事態の改善に向けた取り組みを進める」とのコメントを発表した。同日の東京地裁の決定を受けたものだ。ただ両者の不信感は強く、事前の和解協議では決裂している。石川氏は来週、会見で今後の対応を説明することにしている。

コメントを発表する東京・千代田区長の石川雅己区長(7日)

石川氏は区議会が同氏を刑事告発する決議をしたことを受けて、7月28日に解散を通知。「解散したので議会は存在しない」と区議会への出席を拒否し続けていた。東京地裁が解散通知の執行停止を決定し、区議会の存続が法的にいったん裏付けられた形となった。

今後、区政正常化に向けた協議が本格化することになるが、対立解消は難航する可能性もある。石川氏は6日、代理人を通じ解散の撤回も含めた「話し合いによる早期解決」を区議会側に提案した。区議会側は議員の地位を否定したことについて区議全員に謝罪することなどを和解受け入れの条件として提示したが、石川氏は7日午前の期限までに回答しなかった。

区議会は来週にも議論が止まったままの補正予算案を審議する委員会を開き石川氏の出席を求めていく考えで、石川氏の対応が焦点となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン