/

この記事は会員限定です

ふるさと納税は道東・オホーツク健闘、北海道首位は紋別

[有料会員限定]

2019年度の北海道の市町村のふるさと納税受け入れ額で、紋別市が前年5位から首位に浮上した。2位の白糠町(同4位)と共に全国でもトップ5に食い込む。政府の高額な返礼品規制で還元率競争が一服。豊かな海産物を前面に押し出す道東・オホーツク地域が存在感を増している。

総務省のまとめによると、19年度の北海道内のふるさと納税受け入れ総額は全国最大の660億4700万円と、18年度に比べて31%伸びた。7年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1040文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン