最低賃金、9割の都道府県1~3円上げ 東京据え置き

2020/8/7 23:00 (2020/8/8 5:07更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年度の最低賃金額を決める議論が最終局面に入った。7日までに決定した都道府県の9割は1~3円の引き上げを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国は引き上げの目安の提示を断念し、事実上、据え置く方針を示していた。地方の多くの県は人材をつなぎ留めることを意識し、小幅でも引き上げることにこだわった。

最低賃金は企業が従業員に支払わなければならない最低限の時給を示す。年1回、厚生労働省の審議…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]