/

東京都、コロナ専用の病床400床上乗せ

東京都の小池百合子知事は7日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者の専用病院を都内に2カ所開設すると発表した。病床数は約200床で9月以降に患者を受け入れる。これに加え都は都立・公社病院でコロナ専用病床を新たに確保し、都として合計で400床程度収容能力を高める。

専用病院とするのは東海大学医学部付属東京病院(渋谷区)、移転前の旧都立府中療育センター(府中市)の建物の2カ所で、それぞれ約100床を用意する。改修工事を済ませ、9月以降に主に中等症患者を受け入れる。

都内の感染者数は増加しており、6日時点での入院者は約1480人に上る。また入院先などを調整している感染者は約930人いる。一般的な病院はコロナ患者を受け入れる際、通常のベッドなどとの調整に手間取ることが多い。都が専用病院を確保し、医療機関の負担軽減につなげる。

都は広尾病院などで専用病床を増やす(東京都渋谷区)

小池氏は広尾病院(渋谷区)など都内10カ所の都立・公社病院でコロナの専用病床を合計1000床規模で確保する方針も示した。現在の収容能力は約800床で、200床分の上乗せとなる。

都は軽症者・無症状者向けの「宿泊療養」のホテルも増やす。現在は都内6カ所に約2150室を用意している。8月中旬に新たに2カ所約900室を追加し、合計で3000室超とする。小池氏は「今後も感染状況を踏まえてさらなる確保に取り組む」と述べた。

6日時点での宿泊療養者は約410人。症状の軽い人の宿泊療養を促進することで、医療体制の逼迫を未然に防ぐ。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン