7月末の銀行の貸出金、伸び率過去最高 3カ月連続

金融最前線
2020/8/7 18:01
保存
共有
印刷
その他

全国銀行協会は7日、7月末の全国の銀行の貸出金残高が535兆2170億円と、前年同月比6.9%増えたと発表した。伸び率は比較可能な1999年10月以降で最高になった。5月の6.4%増、6月の6.8%増に続き、3カ月連続で過去最高を更新した。

新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化した企業に対し資金繰りを支えるための融資が増えた。6月末の残高に比べると0.04%減だった。

民間の金融機関による実質無利子・無担保の融資は5月中旬以降に本格化した。当面の資金繰りを手当てした企業は増え「足元の融資の要請は一服している」(大手行幹部)との声がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]