漫画界「再デビュー」に脚光 多様化する才能を発掘

カバーストーリー
2020/8/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

漫画界で「再デビュー」が盛んだ。引退後30年以上たつ漫画家の新作が話題になり、ボツになった企画を復活する賞が活況を呈している。多様なキャリアを評価する発想が背景にある。

「思ってもみないこと。私、もう60歳過ぎているんですけどいいんですか? という気持ちでした」。今年2月、32年ぶりに漫画を商業出版した笹生那実(65)は「再デビュー」を果たした驚きをこう振り返る。

1973年、高校3年生のとき、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]