/

この記事は会員限定です

ビジネスの破壊的変化を追う(5) 「ソーシャル」活用が主流に

国際大学准教授 山口真一

[有料会員限定]

1980年代までは、マスに対して同一の広告を打つマーケティング手法が主流でした。その後はセグメンテーション、個人ターゲットと経て、現在は消費者間のネットワークを生かした「ソーシャル・マーケティング」が主流になってきています。

筆者の研究チームが以前研究したところによると、人々のクチコミ利用で、消費金額は年間1兆円以上押し上げられています。また「インスタ映え」に見られるような「発信するための消費」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン