海外不動産、「見える化」を 高橋貴裕氏
ジョーンズラングラサールIPS事業部長

私見卓見
2020/8/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスはビジネスの姿を大きく変えた。不動産管理の重要性も増している。

多くの外資系企業は賃借・所有不動産をグローバルに一元管理する体制を整えている。コロナ禍の初期段階からオフィスなどの使用状況を把握し、従業員の安全確保に向けた世界共通の基準づくりなどを進めていた。各地の成功事例を社内で共有し、コスト削減につなげた企業もあった。

こうした海外不動産の一元管理は、世界に拠点を持つ日本企業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]