九州のマンション販売戸数、1~6月28%減 過去最低

2020/8/7 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州7県の1~6月(上期)のマンション販売戸数は、前年同期比28%減の2538戸だった。リーマン・ショックの影響が残る11年1~6月(3094戸)を下回り、統計が残る08年以降で最低となった。新型コロナウイルスの影響で、4~5月に販売が事実上ストップしたのが響いた。6月から客足は戻りつつあるが、年間で例年並みの6千戸を上回る水準を維持するのは難しい情勢だ。

民間調査会社の住宅流通新報社(福岡市)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]