/

この記事は会員限定です

ベラルーシ大統領が6選 旧ソ連で広がる強権主義

編集委員 池田元博

[有料会員限定]

旧ソ連で東欧のベラルーシで大統領選が9日実施され、現職のルカシェンコ大統領の6選が確定した。政権交代を求める声が出る中、対抗する有力候補者の出馬を認めず、抗議デモも治安機関の圧力などで押さえつけた。現職大統領が強権を用いて長期独裁体制を固める動きはベラルーシに限らず、旧ソ連の国々に広がっている。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

「ほかの大統領を望むのなら、抗議集会では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン