/

この記事は会員限定です

カニカマ論争 美術家 森村泰昌

[有料会員限定]

私の好物にカマボコがある。小田原生まれの知人から折々に贈られてくるカマボコセットが楽しみで、特にセットの中の極上の伊達巻(だてまき)は最高だ。

ともかく子供の頃からカマボコ好きな私なのだが、蟹型蒲鉾(かにがたかまぼこ)いわゆるカニカマとやらは、ずっと疑問だった。ネリモノであるという自らの立ち位置に胸を張れず、「スゴイでしょ、高級なカニさんとそっくりでしょ」とカニの身の振りする。その根性が浅ましい、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン