ソニー、AI搭載の「ノイキャン」ヘッドホン

2020/8/7 13:30
保存
共有
印刷
その他

ソニーは7日、ノイズキャンセリング性能を搭載したヘッドホンの主力モデル「WH-1000XM4」を発売すると発表した。人の声などの中高音のノイズを効果的に打ち消し、街中やカフェでも音楽に集中できる。訪れた場所を自動で認識したり、音楽の種類を判別したりできる人工知能(AI)を搭載した。機能強化により外出先でも音楽に没頭できる環境を提供する。

ソニーのヘッドホン「WH-1000XM4」はAIが場所を認識して自動で設定を変えられる

9月4日に発売する。ソニーでは最も高いノイズキャンセリング性能を搭載した主力機で、現行の「WH-1000XM3」の後継機として位置付ける。スマートフォンなどに接続してワイヤレスで音楽を楽しめる。価格はオープンだが、4万円前後を想定する。販売目標は公表していない。

ヘッドホン内外のマイクで騒音を検出し、逆位相の音を当ててノイズを打ち消す。新製品は騒音を処理するプロセッサーと音楽を再生するチップを連携させ、音響特性を毎秒700回以上計測する。外部環境に合わせてリアルタイムで処理できるようになり、主に中高音のノイズキャンセリング性能が向上した。

音楽に没頭するためのAIを搭載した。AIで訪れた場所を認識し、周囲の音の取り込み方などを事前に選んだ設定に自動で切り替えられる。他にも楽曲データを学んだAIが配信サービスや圧縮された音源を分析し、音楽の種類に応じて高音域を復元する機能を備える。

外出先で周囲の人と会話しやすい機能もそろえた。ヘッドホンを装着した人が話し始めると、自動で音楽の再生を止めて外の音を聞けるように設定できる。ヘッドホンの装着状態をセンサーで検出し、ヘッドホンを外すと音楽の再生を一時停止することも可能だ。店員などに突然話しかけられても、スムーズに対応できるようにした。(清水孝輔)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]