70歳以上、公的医療手厚く 外来負担は年14万円が上限
人生100年お金の知恵(18)

田村 正之
医療費
編集委員
備える
2020/8/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「最近のがんは高額の通院治療が増え、高齢期にお金が続かず治療を断念する人もいます」。都内のメーカー勤務の男性Aさん(64)は保険代理店でこう言われ、民間医療保険の上積みを勧められた。

しかし来年に退職予定で新たな出費は不安。ファイナンシャルプランナー(FP)の岩城みずほ氏に相談すると「特に70歳以上は公的医療保険が手厚い。Aさんは貯蓄も多いので増額の必要はないのでは」との答えだった。

■申請で負担

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]