/

この記事は会員限定です

水災補償、値上げに備え 想定被害確認し特約も吟味

[有料会員限定]

豪雨による洪水や土砂災害の被害が増えている。家や家財の復旧費用を受け取るには水災補償がセットになった火災保険に加入する必要がある。火災保険は自然災害が相次いでいるため2021年1月以降に保険料が断続的に上がる見込み。早めに補償内容などを確認して備えたい。

洪水や土砂崩れなどに備える水災補償は火災保険とのパッケージで加入するのが一般的だ。火災保険で洪水が原因の建物の損害などを補償に加えるかは各自の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン