/

この記事は会員限定です

水害軽減へ 広がるダムの事前放流、運用へ調整急ぐ

[有料会員限定]

全国各地のダムで大雨予報の前に水位をあらかじめ下げる「事前放流」の取り組みが広がっている。2018年7月の西日本豪雨では、愛媛県の肱川上流にあるダムが緊急放流し、下流域の住民らが死亡。甚大な被害が出たことなどを教訓に、各地で協議が加速している。本格的な台風シーズンへの備えを急ぐ。

事前放流は、ダムにためた発電や水道、農業といった用途の水を前もって放流し、ダムの空き容量を増やすことで洪水被害の防止に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン