法人税法「伝家の宝刀」いつ使えるか 最高裁判断へ

2020/8/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

多国籍企業の租税回避はどのようなときに防げるのか。国税当局が利用してきた法人税法の規定などについて最高裁が判断する見通しとなった。今後、国税当局の税務調査や、企業のグループ経営や再編の手法にも大きな影響を与える可能性があり、判断に注目が集まっている。

問題となっているのは、東京国税局による大手レコード会社、ユニバーサルミュージック(東京・渋谷)に対して2018年2月までに行われた課税処分だ。

こ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]