大統領派が過半数、スリランカ議会選 中印との距離焦点

2020/8/7 10:40
保存
共有
印刷
その他

5日投票のスリランカ議会選(一院制、定数225)はゴタバヤ・ラジャパクサ大統領の支持勢力が過半数を得て、圧勝した。同国の選挙管理委員会が7日発表した集計でわかった。昨年11月に当選した同氏が基盤を固めた。当面は同国への影響力を競う中国、インドとの距離が焦点となる。

選管によると、ゴタバヤ氏の兄で首相のマヒンダ・ラジャパクサ元大統領が党首を務めるスリランカ人民戦線(SLPP)が145議席を獲得して…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]