コロナ予備費、1兆円超の支出を閣議決定

2020/8/7 10:31 (2020/8/7 13:25更新)
保存
共有
印刷
その他

中小企業・個人事業主向けの持続化給付金を9150億円積み増す(6月、持続化給付金の申請サポート会場)

中小企業・個人事業主向けの持続化給付金を9150億円積み増す(6月、持続化給付金の申請サポート会場)

政府は7日の閣議で、新型コロナウイルス対策として2度にわたる補正予算を経て2020年度に確保した計12兆円の予備費から1兆1257億円を支出すると決めた。大幅な減収となった中小企業・個人事業主向けの持続化給付金を9150億円積み増す。申請件数が増加し、財源が不足する可能性が出ていた。

このほか生活苦の世帯が最大20万円を無利子で借りられる緊急小口資金に1777億円を支出する。入国者への検疫強化にも活用する。政府は7日、衆参両院の予算委員会の理事懇談会でこうした方針を説明した。財務省の矢野康治主計局長が出席して質疑した。

閣議に臨む安倍首相(7日午前、首相官邸)

閣議に臨む安倍首相(7日午前、首相官邸)

政府は第2次補正予算で計上した10兆円を含め、20年度全体で予備費を計12兆円に積み上げた。予備費は予算編成時に予測の難しい緊急事態に対応するため、使い道を決めずに計上する。憲法87条は内閣の責任で支出でき、国会の事後承諾を得ると定める。

例年は数千億円規模にとどまるのに比べ、今回のコロナ対策の予備費は桁違いとなった。国会の事前チェックなく巨額の予算の使い道を決めることについて財政民主主義の観点から問題があると指摘する意見がある。

麻生太郎財務相は6月の国会での演説で、予備費のうち5兆円の大まかな使い道を説明している。(1)雇用調整助成金など雇用維持や生活支援に1兆円程度(2)持続化給付金や家賃支援のための給付金などに2兆円程度(3)医療提供体制の強化に2兆円程度――を充てる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]