メキシコ南部の州、子供にスナック菓子の販売禁止

2020/8/7 6:42
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=宮本英威】メキシコ南部オアハカ州は、スナック菓子など「ジャンクフード」の子供向けの販売を禁止することを決めた。メキシコ国内で初めての州となる。メキシコでは肥満や糖尿病が課題で、オアハカ州は特に深刻なため、幼少期から対策を打つことになった。

メキシコでは肥満が全国的な課題だ(2013年、体操に参加する公務員)=ロイター

オアハカ州議会が5日に賛成多数で決議した。砂糖や脂肪を多く含むスナック菓子や炭酸飲料などが対象となる。違反した場合は、罰金や営業停止の処分が科される。

オラシオ・ソサ議員は「子供の健康を守り、有毒な産業に対して最初の打撃となる」とツイッターに投稿した。

メキシコ連邦議会では2019年10月、ジャンクフードに砂糖や脂肪、塩分(ナトリウム)などの警告表示を義務づける法案を可決した。今年10月から適用が始まる予定で、全国的にも危機感は高まっている。

経済協力開発機構(OECD)によると、15歳以上に占めるメキシコの肥満の比率は75.2%と、調査対象国の中で最も高い。欠勤などに伴い、国内総生産(GDP)を5.3%引き下げていると分析している。

メキシコは新型コロナウイルスの感染者数では世界で6番目だが、死者数は3番目に位置する。致死率が10%を超えている背景には、検査数の少なさだけでなく、糖尿病や肥満の多さも一因とみられている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]