NYダウ5日続伸、185ドル高 主力ハイテク株がけん引

2020/8/7 5:26 (2020/8/7 5:53更新)
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続伸した。前日比185ドル46セント(0.7%)高の2万7386ドル98セントで終えた。主力ハイテク株が買われ、相場上昇をけん引した。米雇用懸念がやや和らいだことも買いを誘った。

前週に市場予想を上回る決算と株式分割を発表したスマートフォンのアップルに改めて買いが入り、3%強上昇して終えた。ソフトウエアのマイクロソフトも高い。中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の全世界の事業買収を検討しているとの報道が好感された。

6日発表の週間の米新規失業保険申請件数は前週から減少し、市場予想も下回った。失業給付の継続受給者数も前週から減った。コロナ感染が再拡大する中でも、雇用状況が一段の悪化に向かっていないと受け止められた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は7日続伸した。前日比109.67ポイント(1.0%)高の1万1108.07と連日で過去最高値を更新した。TikTokをまねたサービスを立ち上げたSNS(交流サイト)のフェイスブックが大幅高となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]