プロ野球

阪神・高橋、奪三振ショー テンポ良くG打線翻弄

2020/8/6 23:30
保存
共有
印刷
その他

左肩のコンディション不良で、ようやく今季初登板にこぎつけたとは思えないような快投だった。立ち上がり、亜大時代の同級生だった先頭打者の北村を空振り三振に仕留め、阪神の大卒3年目左腕、高橋の奪三振ショーが幕を開けた。

力投する阪神先発の高橋=時事

力投する阪神先発の高橋=時事

力みのないフォームから150キロ前後の直球をテンポよく投げ込む。しなやかな投球動作から繰り出される力強い球に巨人打線は面食らったように空振りを繰り返した。

圧巻は二回2死で迎えた6番大城からの5者連続三振。四回1死で2番坂本に四球を与えて連続奪三振は途切れたものの、続く丸を空振り三振に打ち取った。自慢のスライダーと緩いカーブも効果的で、巨人の強打者たちを扇風機にした。

五回1死で大城に初安打を許した。続く中島にも安打を浴びて、一、三塁のピンチを招いたものの、後続を2者連続三振で切り抜けた。

調整明けということもあり、球威が落ちた六回に毎回奪三振は途切れた。それでも7回を投げ111球で3安打、自己最多の11三振を奪い、無失点の堂々たる投球だった。

昨季は3勝9敗ながら、矢野監督はクライマックスシリーズの2試合で先発に起用するなど、その球筋にほれ込んでいる。「(監督に)ずっと期待していただいているのに、けがをしてもどかしかった。きょうは絶対に抑えるつもりだった」と高橋。2000年代に阪神のエースとして活躍した井川慶の背番号「29」を継承する24歳が、監督の期待の大きさに釣り合う姿をしっかりと見せた。(田村城)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

【日本ハム3―2ロッテ】日本ハムが連敗を3で止めた。0―1の四回に清宮の6号ソロで追い付き、五回に中田の適時打で勝ち越した。七回は宇佐見の3号ソロで加点した。杉浦は6回1失点で6勝目。ロッテは終盤に追 …続き (22:15)

 アスリート用サプリメントを手がけるDNSは1日、昨年巨人の選手らに提供した商品から禁止物質が検出された問題について、原料由来の成分だったことが判明したとする調査結果を発表した。
 同社は昨年9月、鉄分 …続き (15:44)

 DeNA戦に先発したヤクルト・石川=共同

 「1つ勝つのはすごく難しいことなんだなと思った」。ヤクルトの40歳・石川の声に実感がこもった。6月19日の開幕戦のマウンドから実に3カ月以上。19年連続の白星は今季10度目の先発登板でようやくつかん …続き (30日 23:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]