/

この記事は会員限定です

英フィンテック、世界で存在感 コロナ下でも資金集まる

[有料会員限定]

英国のフィンテックユニコーン(企業価値が10億ドル以上の未上場企業)がさらに企業価値を高めている。金融街シティーから生まれた国際送金や決済といった新サービスが世界に広がり、新型コロナウイルス下でも有力企業には投資マネーの流入が続く。欧州連合(EU)離脱後の成長戦略として重視する当局の後押しも隆盛を支えている。

国際送金サービスのトランスファーワイズは7月の株式売りだしで、企業価値が50億ドル(約5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン