トルコリラ、対ドルで過去最安値を更新

トルコショック
2020/8/6 21:40 (2020/8/6 23:53更新)
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=木寺もも子】トルコの通貨リラの対ドル相場は6日、一時1ドル=7.3リラまで下がり、対ドルで5月上旬に記録した過去最安値を更新した。前日比の下落率は3%を超えた。当局は国営銀行を通じてリラを買い支えてきたが、原資の外貨準備が減り続けており、防衛の目安の水準を切り下げたとの観測が市場に広がった。

トルコのエルドアン大統領は景気対策を優先し、中銀に利下げを促してきた=ロイター

トルコは政策金利がインフレ率を下回る実質マイナスの状態で、リラが売られやすい。新型コロナウイルスの影響でトルコ経済も悪化している。

中銀の外貨準備(金を除く)は足元で509億ドル(約5兆3000億円)で、2019年末に比べ37%減った。対ドルの下落率は19年末から18%に達した。

リラは対ユーロでも6日に一時、過去最安値を更新した。エネルギーを除く輸入の決済はユーロ建てが多い。リラ安は足元で12%のインフレの加速につながりかねない。

トルコの代表的な株価指数BIST100は6日、前日比で一時、5%近く下落した。株価は3月中旬から7月末まで3割を超えて上昇したが、8月は下落基調だ。

リラは相場は18年8月、トルコの対米関係の悪化で暴落し、ほかの新興国の市場も揺るがした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]