/

この記事は会員限定です

選挙供託金 日本は高額 候補乱立防止、米欧は署名で

都知事選に最多22人 デジタル化で費用対効果が上昇

[有料会員限定]

7月の東京都知事選は過去最多の22人が立候補した。乱立を防ぐための供託金制度には実効性の限界がみえる。主要国と比べて高額な日本の供託金には政治参加を規制しているとの指摘もあり、見直しの契機となる。米欧には金銭でなく一定数の署名を立候補の条件とする国がある。

「候補者が面白い人が多いから政見放送を見てみてください」。都知事選では特定の政党の支援を受けない候補者の選挙活動がSNS(交流サイト)で話題に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2183文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン