/

SUMCO7~9月期、純利益13%減 ウエハー車向け鈍化

SUMCOは6日、2020年7~9月期の連結純利益が前年同期に比べて13%減の44億円となりそうだと発表した。4~6月期比では46%減となる。半導体シリコンウエハーは、新型コロナウイルスによるサプライチェーン(供給網)混乱を警戒した取引先の在庫積み増しが一巡。足元で自動車やスマートフォン向け小口径品の需要が弱含んでいる。

7~9月期の売上高は前年同期比1%増の729億円、営業利益は11%減の79億円の見通しだ。主に直径200ミリメートル以下の小口径品は1~6月期までは「買いだめに走った顧客がみられた」(橋本真幸会長)という。供給不安が薄らいだことで需要が落ち込む。

一方、パソコンやタブレット、データセンター向けの直径300ミリメートル品は、テレワークの普及が追い風になっている。「非常に強い需要が継続して、堅調な成長が期待される」(橋本会長)という。

同日発表した20年1~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比27%減の168億円、売上高は同6%減の1471億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン