/

この記事は会員限定です

愛媛でバイオマス発電広がる 大王製紙が新設備

内子町では拡大構想

[有料会員限定]

植物資源などを燃料とするバイオマス発電事業が愛媛県内で拡大している。パルプの製造工程で出る廃液や豊富な森林資源を有効活用。化石燃料への依存度を下げて二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えながら、売電という新たな収益源を獲得しようとしている。

瀬戸内海をのぞむ愛媛県四国中央市の臨海部。大王製紙の三島工場で7月上旬、バイオマス発電の新設備が稼働した。パルプの製造工程で発生する廃液(黒液)を燃焼させるボイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン