9/24 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マイナンバー、21年に口座と連動 政府がデジタル化推進[有料会員限定]
  2. 2位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ大幅反落、525ドル安 ハイテク株への売り加速
  4. 4位: 日本電産、隠れた優等生「機器装置」 不況期の支えに[有料会員限定]
  5. 5位: ウォルマート、加速する無形資産シフト DXで生き残り[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,256,259億円
  • 東証2部 67,895億円
  • ジャスダック 97,876億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率19.76倍24.95倍
株式益回り5.05%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,346.49 -13.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,190 -30

[PR]

スクランブル

フォローする

赤字で高値、ゆがむ株価 パッシブ+優待に売り少なく
証券部 佐藤俊簡

2020/8/6 21:03 (2020/8/7 5:08更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京株式市場で需給の締まりによる株価のゆがみが一段と進んでいる。日銀の上場投資信託(ETF)の買い入れも含め、株価指数との連動を目指すパッシブ運用の拡大が続く。これに株主優待狙いの個人の長期保有が加わり、市場予想が2021年2月期に最終赤字のイオンが黒字予想のライバルより快調な値動きになるなど説明が難しい状況だ。

三菱アセット・ブレインズによると、ETFを含む公募型の株式投資信託の純資産残高はパ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム