被爆の記憶、継承へ工夫 広島で75回目「原爆の日」

2020/8/6 20:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6日に被爆から75年を迎えた広島。注目度が高まる節目の年だったが、新型コロナウイルスの広がりが重なった。多くの人が集まる平和記念式典や灯籠流しは感染防止のため規模の縮小を迫られた。例年通りの催しが難しくなるなか、被爆の記憶、平和への思いを次世代へ受け継ぐための工夫が地元企業で静かに広がっている。

原爆ドーム沿いを流れる元安川。例年、8月6日の夜には約7000個の灯籠が浮かべられる。灯籠流しの参加…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]