LIBOR関連の新規取引、21年6月まで停止を

2020/8/6 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2021年末に事実上の廃止が見込まれるロンドン銀行間取引金利(LIBOR)を巡り、日本の官民でつくる検討委員会は近く代替となる金利指標への移行計画案を示す。21年6月末までにLIBORを使う融資などの新規取引をやめるよう金融機関に求めるのが柱になる。早めの対応を促し、市場の混乱を防ぐ。

LIBORは融資や債券、金融派生商品(デリバティブ)といった金融取引の金利を決める際の指標に使われている。12…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]