/

ALSOK千葉、茂原にイノシシ加工場 冷凍肉で出荷

衛生管理を徹底しながら、捕獲されたイノシシを食肉に加工する(千葉県茂原市)

ALSOKグループのALSOK千葉(千葉市)は猟友会などが捕獲した野生イノシシを食肉に加工する施設を千葉県茂原市に開いた。千葉県はイノシシの農産物被害が深刻で、食材として有効活用することで捕獲を後押しする。

「ジビエ工房茂原」をこのほど稼働した。平屋建てで面積は200平方メートル強。建設資金2億円は千葉銀行の「ちばぎん地方創生融資制度」で調達した。

わなにかかった生きたイノシシを猟友会など捕獲従事者からの連絡で回収し、専用車で運ぶ。下処理後に施設内で衛生管理を徹底しながら食肉に加工し、真空パックで冷凍保存する。

捕獲従事者が自治体から報奨金を受け取る手続きも代行する。報奨金は捕獲従事者に全額渡す代わり、イノシシは無償で譲り受け、食肉の売り上げを同社の収益源とする。報奨金の手続きや処理の手間を減らし、捕獲を後押しする。

年間4000頭の加工を目指す。まずは茂原市や富津市と提携するが、他の県内自治体とも協力体制を築く。イノシシのほか、シカなどの受け入れにも対応する。

県内では年間2万6000頭近いイノシシが捕獲されるが、加工能力の制約などから食肉となるのは2%程度にとどまっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン