ジャンボジェット50年、大量輸送は夢幻のごとくなり

2020/8/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大型旅客機が躍動した空の大量輸送時代が幕を下ろす。米ボーイングは7月29日、大型機「747」シリーズの生産を2022年に終了すると発表した。1970年に就航し、「ジャンボ」の愛称で親しまれ、半世紀にわたって空の移動を支えた。欧州エアバスも21年以降に超大型旅客機「A380」の生産を終える。新型コロナウイルスの感染拡大で国をまたぐ移動が制限されるなか、旅客機のあり方は変化の節目を迎えた。

「現在の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]