タイ内閣改造、副首相に元国営企業幹部 「軍政色」を抑制

2020/8/6 19:30
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=村松洋兵】タイのプラユット政権の第1次改造内閣の顔ぶれが6日、決まった。空席の副首相とエネルギー相を国営石油化学大手PTTグローバルケミカルのスパタナポン元社長が兼任する。親軍与党の保守派の意向を受けた改造だが、財界の人材をあて「軍政色」を抑えた。

タイ政府が発表した。

スパタナポン氏はタイの名門チュラロンコン大で化学工学と経営学を学び、タイ石油公社(PTT)グループの幹部を歴任した…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]