/

外山滋比古さんが死去 英文学者

ベストセラーになった「思考の整理学」などの著書で知られる英文学者でお茶の水女子大名誉教授の外山滋比古(とやま・しげひこ)さんが7月30日午前7時18分、胆管がんのため東京都内の病院で死去した。96歳だった。告別式は近親者で行った。喪主は長女、みどりさん。

外山滋比古さん

愛知県出身。雑誌「英語青年」の編集長を経て、東京教育大(現筑波大)助教授やお茶の水女子大教授などを務めた。英文学のほか言語学、修辞学、教育論など幅広い分野で研究や評論を発表した。知的な生き方や思考の方法論についての著作で知られ、90歳を超えても執筆活動を続けた。ほかの著書に「知的な老い方」「知的文章術」など多数。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン