九州沖縄の百貨店・スーパー6月販売 前年比4.3%減

2020/8/6 18:32
保存
共有
印刷
その他

九州経済産業局が6日に発表した6月の九州・沖縄の百貨店・スーパーの既存店販売額(速報値)は、前年同月比4.3%減だった。全店販売額は同1.9%減の1272億円となった。新型コロナウイルスの感染拡大による百貨店の営業時間の短縮や外出自粛が影響した。減少は9カ月連続となったが、4カ月ぶりに減少幅が1桁台に戻った。

九州・沖縄の百貨店の既存店販売額は同20.1%減。6月は通常通りの営業時間に戻った店舗…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]