/

この記事は会員限定です

[社説]コロナ禍のメガ銀の正念場はこれからだ

[有料会員限定]

6月末までの3カ月間に、3メガバンクは国内法人向け融資残高を一気に12兆円積み増した。新型コロナウイルスの感染拡大で、売り上げが蒸発するような苦境に見舞われた事業会社への資金供給に着実に応じた。

「2008年のリーマン危機に比べて銀行財務は健全。難局で金融仲介機能をしっかり果たす」(三毛兼承・全国銀行協会会長=三菱UFJ銀行頭取)。主力取引先の大手企業はもちろん、雇用の基盤である中小企業も支えた貢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン