10/23 17:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,516.59 +42.32
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 -10

[PR]

業績ニュース

昭電工の最終赤字545億円、1~6月 半期で最大

2020/8/6 18:13
保存
共有
印刷
その他

昭和電工は6日、2020年1~6月期の連結決算で、最終損益が545億円の赤字(前年同期は658億円の黒字)になったようだと発表した。赤字額は半期として過去最大。主力の黒鉛電極事業や石油化学事業で市況悪化が響いた。日立化成の買収に伴う費用なども計上した。中間配当は18年の開始以降、初めて無配(前年同期は50円)とする。

売上高は前年同期比31%減の3266億円、営業損益は258億円の赤字(前年同期は854億円の黒字)だったようだ。欧州を中心に鉄鋼生産が減速。電気炉に使う黒鉛電極の需給が緩み、販売量が大幅に減った。石化事業でも原料価格の下落で市況が悪化した。

日立化成の買収関連費は、同社の株式取得にかかるアドバイザリー費用などの営業費用のほか、登録免許税などの営業外費用で、計216億円。約9640億円の買収額とは別に計上した。

このほか、独マイティンゲンの黒鉛電極生産工場の閉鎖に関する引当金47億円を、特別損失として計上した。従業員の退職金や設備撤去費などが主という。同拠点は17年、独SGLカーボンからの黒鉛電極事業買収時に取得。電炉鋼メーカーの生産調整で稼働率が低下しており、拠点閉鎖の労使協議を進めていた。

昭電工は12日に20年1~6月期の連結決算を発表する。併せて日立化成との統合後の20年12月期通期の業績予想も公表する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム