/

スクエニHD、純利益3.5倍 4~6月 家庭用ゲーム好調

スクウェア・エニックス・ホールディングスが6日発表した2020年4~6月期の連結決算は純利益が前年同期比3.5倍の143億円だった。4~6月期として過去最高益。アミューズメント施設の臨時休業で22億円の特別損失を計上したが、4月発売の「ファイナルファンタジー7リメイク」など家庭用ゲームが国内や欧米で好調で販売が大きく伸びた。

売上高は63%増の870億円。営業利益は3.4倍の245億円と市場予想平均(QUICKコンセンサス、102億円)を大幅に上回った。

コロナ禍による物流停滞に備えてパッケージ版の販売を絞り、採算のよいダウンロード販売が伸びたことも利益を押し上げた。「ドラゴンクエストウォーク」などの既存タイトルも好調でゲーム事業の営業利益は3.4倍に増えた。

21年3月期通期の業績予想は消費者需要の予測が困難として「未定」のまま据え置いた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません