広島「原爆の日」 「語り部」目指す20歳の決意

戦後75年
2020/8/6 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

家族や友人を奪ったあの惨禍を決して忘れない――。原爆投下から75回目の夏を迎えた広島は6日、終日、鎮魂と平和への祈りに包まれた。広島市では新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中で平和記念式典が開かれ、「被爆ピアノ」の演奏も披露された。被爆者の平均年齢は83.3歳。悲惨な体験の記憶が薄れることへの危機感は強く、次世代への継承が差し迫った課題となる。(札内僚、高木雄一郎)

広島大医学部2年の井上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]