/

この記事は会員限定です

英連邦、中国包囲へアジア関与 インド太平洋で日米連携

[有料会員限定]

英国やカナダ、オーストラリア、ニュージーランドの英連邦諸国が中国へけん制を強めている。新型コロナウイルスや香港国家安全維持法、華為技術(ファーウェイ)などを巡り中国との摩擦が続く。日米がインド太平洋で進める対中戦略でも英連邦が重みを増す。

日本の茂木敏充外相は5日から英国を訪問している。英国との経済連携協定の交渉が目的だが、新型コロナ禍を経て初の海外訪問で同国を選んだ理由はそれだけではない。安全保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン