/

この記事は会員限定です

コロナが米に迫る3つの選択 岩田一政氏

日本経済研究センター理事長

[有料会員限定]

米国の経済活動再開は時期尚早だった。新型コロナウイルスは強靱(きょうじん)だ。突然変異を繰り返し、抗体形成メカニズムも複雑だ。ワクチン開発を年明けと仮定する「標準シナリオ」だけでなく、開発されないケース(日本経済研究センター7月中期予測「悪夢のシナリオ」)も視野に入れ対応すべきだ。

第2次世界大戦の危機に直面したチャーチル元英国首相は、「危機時の選択は、幾世代かの将来にわたる世界を形成する」と述べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン