/

スターティア系、オフィスの縮小や分散を支援

スターティアホールディングスは6日、グループ企業のC-design(シーデザイン)がオフィスの縮小や分散、移転などを検討している企業向けにシェアオフィスの利用を支援するサービスを11日から提供すると発表した。

対象となるのは、テレワークやシェアオフィスの利用を拡大する代わりに既存のオフィスを縮小しようとしている企業。同サービスはオフィスの縮小や移転に関する業務を包括的に支援する。

企業ごとに適正なフロア面積を試算し、勤務実態に適したシェアオフィスを紹介する。既存オフィスを退去する際に不要になったオフィス家具の一時保管や売却も手がける。テレワーク用のIT(情報技術)ツールや家具などの調達についても代行する。(矢口竜太郎)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン