システム開発のモンスター・ラボ、42億円調達

2020/8/7 8:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム開発のモンスター・ラボ(東京・渋谷)は、日本郵政キャピタルなどからの第三者割当増資と金融機関からの融資で総額42億円を調達した。調達した資金を活用し、欧米やアジアなど世界15カ国26都市の拠点での事業の拡大をめざす。

モンスター・ラボはパソコン作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)や飲食店向けの注文システムなどを手がける。ここ数年は組織のデジタル・トランスフォ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]