/

7月の車名別販売、「N-BOX」8カ月連続の首位

自動車販売会社の業界団体が6日まとめた7月の車名別新車販売台数で、ホンダの軽自動車「N-BOX」が8カ月連続で首位を維持した。上位10車種のうち前年割れとなったのは登録車(排気量660cc超)で6月より1車種少ない4車種、軽自動車は2車種少ない5車種だった。新型コロナウイルスの影響などで販売全体は苦戦しているが、徐々に回復の兆しも見え始めている。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した。首位のホンダ「N-BOX」の販売台数は32.5%減の1万6222台で、3割減だが8カ月連続の首位を維持した。2位は2月に発売したトヨタ自動車の「ヤリス(旧ヴィッツ)」で1万4004台。3位はスズキの軽「スペーシア」で5.1%増の1万3338台だった。

登録車、軽自動車とも新型車は好調で、6月に発売したトヨタ「ハリアー」は173.3%増の9388台となった。このほか1月発売のスズキの軽「ハスラー」が117.2%増の8831台、3月発売の日産自動車の軽「ルークス」も7958台と、市場環境が悪い中で健闘している。

新型車以外では6位のトヨタ「アルファード」が35.6%増の8448台、軽では2位のスズキ「スペーシア」が5.1%増と前年を上回った。前年割れは登録車の上位10車のうち4車種、軽では5車種で、それぞれ6月よりも減っている。ホンダの軽「N-WGN」は昨年7月に新型車を発売予定だったが、部品の供給遅れで発売を延期した。そのため2000%以上の大幅増となっている。

市場環境は徐々に回復しており、前年比での減少幅は少しずつ小さくなっている。国内では新型コロナの感染拡大が続いているが、各社はオンラインで見積もりができるようにするなど、販売手法の工夫を続けている。中国など一部の国では前年の販売実績を上回る国も出てきた。国内販売の動向は、さらに注意して見ていく必要がある。

(岡田江美)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン