/

この記事は会員限定です

現代男性の心に刻まれた「敗戦のトラウマ」とは

インタビュー 戦後日本の行方(2) 赤坂真理氏(作家)

[有料会員限定]

世代が替わり、戦争を体験した人々が少なくなっても、心の傷痕は自然には消えない。親から子、子から孫と受け継がれ、さまざまな問題を引き起こしかねない。

祖父が戦死したある家族を演じる即興劇に参加したことがあり、そのことをリアリティーをもって感じた。幼くして親を亡くした父は、心に深く傷を負っていた。欠落感を抱えたまま成長し、大人になっても親の影を追い続けてしまうので、夫婦関係がギクシャクしてしまう。子供...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン