/

この記事は会員限定です

北米SUVが下支えも トヨタ、リーマン時より利益体質

[有料会員限定]

トヨタ自動車は6日、2020年4~6月期の連結決算で139億円の営業利益を確保したと発表した。21年3月期は通期で5000億円の営業黒字予想を据え置き、7300億円の純利益を捻出することも明かした。4600億円の営業赤字に沈んだリーマン・ショック後の09年3月期にくらべ営業損益が1兆円近く改善するとの予想だ。カギの1つは北米での多目的スポーツ車(SUV)の販売のようだ。

「リーマン・ショック時よ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1837文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン