北米SUVが下支えも トヨタ、リーマン時より利益体質

2020/8/6 15:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車は6日、2020年4~6月期の連結決算で139億円の営業利益を確保したと発表した。21年3月期は通期で5000億円の営業黒字予想を据え置き、7300億円の純利益を捻出することも明かした。4600億円の営業赤字に沈んだリーマン・ショック後の09年3月期にくらべ営業損益が1兆円近く改善するとの予想だ。カギの1つは北米での多目的スポーツ車(SUV)の販売のようだ。

「リーマン・ショック時よ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]