/

LINE、国内で独自の仮想通貨開始

LINEは独自の暗号資産(仮想通貨)「LINK(リンク)」の国内での取り扱いを始めた。子会社のLVC(東京・品川)が運営する暗号資産取引サービス「BITMAX(ビットマックス)」で売買が可能になる。投稿したユーザーにLINKを付与するなど、LINEが展開するサービスと連携させる計画だ。

LINKは2018年から、海外向けの暗号資産交換所「BITBOX(ビットボックス)」で取引されていた。国内では登録手続きに時間がかかり取り扱いが遅れていた。LINKを日本円で購入したり、円に交換したりできるようになる。

LINEは対話アプリ「LINE」などの顧客基盤と暗号資産を結びつけ、独自の経済圏「トークンエコノミー」の実現をめざす。(伴正春)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン